僕のアメリカ村

0

    中将タカノリです。



    気が付けば明日はもう7月!



    早く梅雨明けして欲しいですね~



    少し時間があきましたが「僕のアメリカ村」シリーズ第三弾いってみようと思います。



    ベルボトム求めて勇んでアメリカ村に向かったはいいけど、のぞいた店で強力なキャッチセールスにあい、どうでもいいシャツを買わされてしまうところからでしたね。



    ----------------------------------------------------------------------------------




    ビビった中学生グループはアメリカ村を脱出し、ゆるゆるの観光地的空間である戎橋商店街のマクドナルドに。

     

    誰かが

     

    「アメ村ってやばいな…」

     

    みたいなことを言っているのを聞き流しながら言いようのないくやしさに包まれていた。

     

    けども何ができるわけでもなく、ほどなく僕たちは解散して、欲しくもないTシャツ片手にむなしく帰途についたのだった。

     

    奈良について東に若草山、西に生駒山があることを確認してほっとしたことを覚えている。

     

    家に帰ってから初アメリカ村を振り返っていろいろ考えていた。

     

    「あきらめてはいけない」

    「あの刺激をもう一度味わいたい」

    「怖い街やと聞いてたけど治安が悪いわけではなさそうやな」

    「しかしあの店はとんでもないキャッチセールスやな…」

    「なめられたらいかん。雰囲気で買ったらいかんな」

    「とにかくまた行かねば」

    「いろいろ見たい。いろいろ知りたい。」



    一回行ってハマってしまったんだな。



    それから僕は一人でアメリカ村に通うようになった。



    と言っても週に一回、日曜日しか休みじゃなかったので月数回かな。



    はじめは道が全然わからなかったので同じところをぐるぐると。



    目印は三角公園くらい。



    昼前に難波駅に着いて夕方には帰るような感じ。



    その頃は携帯電話もなかったし自由だったなぁと思う。



    今では一人でいてもなんだかんだで携帯があると常に社会の中だもんね。



    まぁそれはともかく。



    通っていくうちにいろんなお店を見つけていった。



    あのキャッチされた店は二度と行かなかったけど。



    高校生までの頃によく行ったのが



    パルコの地下、だだっぴろい店内にウェスタンや軍ジャン、デニムものとかアメリカンなものがぎっしり詰まっていた「NYLON」



    1970年創業の老舗でウェスタンブーツ、ラバーソールとかのとにかくかっこいい靴がいっぱいあって、バックルや革製品も扱ってた「CORN」



    シルクハットからパナマ帽、チューリップハット、キャップまで種類もサイズもいっぱいの帽子屋「チンク」



    和洋いろんな古着がお得な値段で買えた「魔法屋」



    名前は忘れたけど「イージーライダー」みたいなごっついヒゲを生やしたおっさんがやってるレザーショップ



    他にも三角公園の前のビル、アベニュー心斎橋にはDCブランドの古着屋さんがいっぱいあって…
    「MONO」「Nineteen」「粋なり」とか



    ビルの中や地下にもぐったりしつつ。



    いろんな店を見ているうちにベルボトムとかの70'S以外にも80'Sとかも他のものもいろいろ興味がでてきた。



    当時のアメリカ村は今と違ってチェーンの大型店はほとんど無く、個性の強い小さなお店がたくさんあった。



    少しでも多くのものが見たいから10も20もお店をまわって、狭いアメリカ村なのに帰るころにはいつもクタクタだった。



    なんにも知らない状態から少しづつ吸収していくのは楽しかったなぁ。



    お店に行けばお店の人とも話したりするわけで、いくつかのエピソードもある。



    さっきも書いたMONOって店だけど、ここは当時まだ20歳そこそこくらいの若いオーナーがやっていて、コムデギャルソン、マサキマツシマとかの奇抜な服がたくさん置いてあって



    スティービーワンダーの「PART TIME LOVER」がよくかかっていた。



    来るたびに奇抜な服ばかり見ている僕に



    オーナー「君いつもすごい服買うよな~何を目指してるん?」



    僕「いやぁ~しいて言えば沢田研二とか…」



    それ以来僕は「ジュリー」と呼ばれることになった。



    今でも私的な友達で僕をジュリーと呼ぶ人は多い。



    あと忘れてはいけないのがアメ村スクエアの地下にあった「新宿」



    初めてのぞいた時は、まさか十数年後の今までの付き合いに発展するとは思ってもみなかった。



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
      中将タカノリ
    • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
      まさえ
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      中将タカノリ
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      現桐蔭生
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      現桐蔭生
    • 大倉弘也紹介キャンペーンin関西でした〜
      うたまろnoばぁー
    • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
      中将タカノリ
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      中将タカノリ
    • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
      岸田慶子
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      天竺鼠

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM