「濃姫の里 隠し吟醸」公式ブログモニター「やや冷酒で」

0
     中将タカノリです。



    先日報告したとおり、鬼ころしで有名な清洲桜醸造さんの公式ブログモニターに選ばれました。





    ひたすらパックで飲める吟醸酒として画期的な「濃姫の里 隠し吟醸」の楽しみ方をレポートしていきたいと思います。



    パック酒とかに抵抗がある方も多いと思うんですが、お酒は嗜好品。



    せっかくメーカーが作ってくれてるんだから、TPOに応じて気軽に楽しめばいいと思います。



    よほど嫌なら瓶でも売ってるし勝手にしてよ、と。



    まぁまぁ、それはともかく温度や酒器、アレンジの仕方などいろいろ試しながらこのお酒のことを知っていきたいと思ってます。



    まずは正統派に飲んでみました。



    味わうことを優先して温度は15度くらい、やや冷えくらいの状態でいただきました。


    グラスにそそぐとあっさりとフルーティーな吟醸香。



    飲み口は、きめこまかい水のような印象です。



    味が細いからこそでしょうか。



    細いといっても辛口ではなく、ほんのりとぽってりした甘みが舌をつつみ、飲み込むと後口をひきしめるための最低限度の苦みが残ります。



    ボディーが非常に軽くて優しい味わいという印象。



    個性や主張を感じないのが最大の強みだなと思いました。



    アルコール度数が15度もあり、吟醸酒としての製造規定を守った上でここまで優しい味をつくるのは案外に難しいことではないだろうかと思う。



    灘や伏見にもない最大公約数を狙った吟醸酒を作ろうとしたのではないかな〜と。



    なぜかと言うと灘や伏見の大メーカーはさまざまな批判を受けながらも、吟醸酒などの高価なラインにおいてはそれなりに個性的な(万人が好むとは限らない)お酒を作っているから。



    清洲桜酒造においてももちろん「隠し吟醸」ではない高級吟醸酒を作っていて、そこでは味覚面で個性を発揮しているのだけど、この「隠し吟醸」は大衆のため、日本酒を知らない層にもすんなり受け入れてもらえる酒を目指しているのではないだろうかと推察するわけです。



    てな感じで



    これからも定期的にUPしていきますのでヨロシク


    JUGEMテーマ:グルメ


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
      中将タカノリ
    • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
      まさえ
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      中将タカノリ
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      現桐蔭生
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      現桐蔭生
    • 大倉弘也紹介キャンペーンin関西でした〜
      うたまろnoばぁー
    • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
      中将タカノリ
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      中将タカノリ
    • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
      岸田慶子
    • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
      天竺鼠

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM