灘の酒と言えば剣菱酒蔵!極上黒松剣菱 超特選 

0
    中将タカノリです。



    ちょっと暖かくなっていい感じだなと思ってたら事務所に贈り物してくれた方がいて、しかもそれがお酒で喜んでいるこの頃です。



    しかも剣菱!しかも極上黒松剣菱 超特選!




    日本酒の代名詞みたいな銘柄ですが、箱の重々しさやデザインもあいまって贈り物には最適な風格がありますね。



    スペックは


    山廃 本醸造(醸造アルコールは一般的な本醸造より微量とのこと) 一年以上熟成
    使用米:兵庫県産山田錦と愛山
    精米歩合:70
    アルコール度数:16.8%
    日本酒度:±0〜+0.5



    杯を近づけるとほの甘いお米の熟成香。



    舌先にほんのかすかなお湯のような甘い印象を感じるが、舌に後味を残すか残さないかの絶妙な辛味とほろ苦さがそれをつつむ。



    単なる辛口という言葉で表現できる気がしない。



    あえて言うなら、安定感のある上品なうま辛。




    日本酒が好きな人ならきっと気に入る味だと思います。



    反面、お酒にワインみたいなテイストを求める人や、香りの華々しい吟醸酒オンリーで好きな人にとっては特殊に感じるかな?



    べしゃっとした甘みやアルコール臭さはないけど、お酒!という香りがするんです。



    もちろん僕は大好きですよ。



    スイスイ飲めてしまいました。

    立ち飲み「豊祝」が人気の豊澤酒造 純米酒 貴仙寿 生酒

    0
      中将タカノリです。



      ようやく暖かくなってきましたね。



      暖かくなったらなったで花粉症とか違う方面の悩みも出てきますが、外出しやすくなるのは個人的になによりうれしいです。



      外出といえばだいたいはお酒がつきまとう僕の生活ですが、関西は最近、日本酒の酒蔵が直営するお店が増えてきてなかなかいい感じです。



      どこが一番!っていうのは難しいですが、一番目立っているのは近鉄沿線の駅構内に立ち飲み「豊祝」を出店している豊澤酒造かなと思います。



      以前、市民生活にくわしいもてラジのぶたおさんを各店お連れして、杜氏の藤沢忠治さんに遭遇したなんてこともありましたね。



      今回、紹介するのはその豊澤酒造でも人気銘柄「貴仙寿(きせんじゅ)」の純米生酒。



      公式サイトの商品覧にも載っておらず、僕自身、奈良や大阪の酒屋さんでも見たことなかったので、今回初めて飲みました。



      わかるスペック情報はは精米歩合70%、アルコール度数17〜18度。



      ”原酒”とは書いてなかったんだけど、度数を考えると原酒なのかなぁ。



      質感はややこってりとしていて、口に含むと枯れた感じに苦みばしった米のうまみがおだやかにひろがります。



      生酒とは言っても余分な香りや酸味はおさえられているので、飲み飽きしない味に仕上がっていました。



      豊澤酒造はそういう味の作り方が非常に巧みですね。



      どういうルートに出荷しているかはわかりませんが、事務所近くの全日食チェーンにて購入しました。



      貴仙寿が好きな人はぜひ探してみてください〜

      JUGEMテーマ:グルメ


      すばらしい!吉田酒造店 本醸造しぼりたて手取川 無濾過生原酒

      0
        中将タカノリです。



        いろんな説のある21日世界終末論ですが、今のところ世界は滅びていませんね。



        ってか滅びてたまるか!



        そんなわけで今回は世界が滅びる瞬間に飲んでいたくなるような素敵な本醸造酒のご紹介です。



        石川県の名門
        吉田酒造店がお届けする「本醸造しぼりたて手取川  無濾過生原酒」



        スペックは…精米歩合65%。お米は五百万石をベースに、石川県初の酒米「石川門」を麹に使用。
        アルコール度数18度。




        一口飲むだけで思わず「うまっ!」となる久しぶりのお酒でした。



        濃すぎず、薄すぎず、非常に上品で洗練された本醸造です。



        アルコール度数18度あるとは思えない軽さ。



        生酒の酸味、原酒の高アルコール特有の熱い甘さはほとんど感じません。



        舌先には立たず、舌半ばから奥で上品で和三盆のような甘味。



        あとくちの、ごく軽い苦味による引き締まりも心地よいです。



        香りの面でも本醸造にありがちなカカオ臭はなく、うっすらと葡萄の果実のような香り。



        さすがの一言に尽きる一品ですが、成城石井で4合がたったの1100円ほど。



        季節限定商品なので、みなさん早くためしてほしい!



        中将タカノリ大推薦のお酒です。

        JUGEMテーマ:グルメ
         

        『第2回銘酒きき酒会 IN OSAKA』だった一か月前

        0
          中将タカノリです。



          早くも一か月前のことになってしまいました。



          10月28日にシティープラザ大阪で開催された『第2回銘酒きき酒会 IN OSAKA』に行ってきました。





          港町YOKOとともに。



          日本各地から19に蔵が集まり試飲できるというこのイベント、動員はなんと1000人!



          メイン会場、サブ会場とホテルの大広間を複数使うという規模で、お酒に酔う前に人に酔ってしまいそうなほどでした。





          銘柄を列記すると以下の感じ。



          黒龍(福井県)、明鏡止水(長野県)、初亀(静岡県)、墨廼江(宮城県)、正雪(静岡県)、麓井(山形県)、ゆきの美人(秋田県)、瀧自慢(三重県)、喜楽長(滋賀県)、金澤屋(福島県)、益荒男(石川県)、百歳(茨城県)、扶桑鶴・凌雲(島根県)、美丈夫(高知県)、旭菊(福岡県)、美田・栄田(福岡県)、庭のうぐいす(福岡県)、松乃井・凌駕(新潟県)、堀の井(岩手県)



          一流認定されてるメジャーどころもあれば、いま新たに頭角をあらわしてきているところもあり、普段ならなかなか楽しめないラインナップです。



          しかも、休憩用のお水(“和らぎ水”とか呼んだりしますが)がすべて各蔵の仕込み水というのが嬉しいところ。




          きき酒用のコップをもらってつまみをいただきつつ、いろんな蔵のお酒をためしていきます。





          たとえば、同じ蔵の同ランク酒でも「山田錦バージョン」と「備前雄町バージョン」を飲み較べたり、吟醸と純米吟醸を飲み較べたりできるわけです。





          きき酒指南書には「飲まずに吐き出せ」と書いてますが、僕は評論ではなく楽しむためだけに来たのですべて完飲。



          一回につがれる量なんてせいぜい20mlくらいのもんですが、10杯、20杯と重ねていけばさすがに酔ってきます。



          そうなってくるともう細やかな味とか米の違い、仕込みの違いなんて気にならず、フィーリングでいかに好みに合うかってことだけになってきますね。



          考えるな!感じろ!



          ってとこですかね。



          くつろげはしないけど、これはこれでいろいろ楽しめたひと時でした。



          希望を言えば、もうちょい生酒とか活性系のレパートリーがあればよかったかなってこと。



          普段飲む奈良の酒蔵はそこらへん強いしね。



          とか考えながら疲れたので2時間半くらいでタクシーで帰宅しました。



          帰り際、ロビーで残念な感じで横たわる人々を発見…




          ここはシティーホテルだぜ…

          JUGEMテーマ:グルメ
           

          「濃姫の里 隠し吟醸」公式ブログモニターァ屮ジェット通信に書いてみた」

          0
             中将タカノリです。



            清洲桜醸造さんの公式ブログモニターシリーズです。




             過去の記事はこちら→
             屬笋篶篌鬚如http://blog.chujyo-takanori.com/?eid=1627412

            ◆崋魎錣砲茲詭わいの違い」http://blog.chujyo-takanori.com/?eid=1627419

            「フローズンにしてみた」http://blog.chujyo-takanori.com/?eid=1627420

            ぁ屬燗にしてみた」http://blog.chujyo-takanori.com/?eid=1627421


            いただいた試供品も残り少なくなり心細くなってきました。



            何ヵ月と飲む中で、単にブログだけでなく、
            隠し吟醸についてもっと多くの人に関心をもってもらいたいなぁと思いました。



            そこで、いつもお世話になってるガジェット通信で記事を執筆。


            http://getnews.jp/archives/263607



            商品ができるまでの道のりや、調べてもわからなかった使用米の品種について酒蔵の方にインタビューに答えていただき、いい記事を書くことができました。



            なにより担当の方の誠実な姿勢には好印象。



            大量生産のお酒を嫌う“通”は多いけど、ちゃんと飲んで調べてものを言う人はごくわずか。



            僕は知れば知るほど隠し吟醸のことが好きになっちゃいましたよ。



            デイリーユーズのお酒としてはかなりコストパフォーマンスに優れてますしね。


            まぁまぁ、さらに詳しい話に関しては記事を参照のことでお願いいたします。

            JUGEMテーマ:グルメ


            「濃姫の里 隠し吟醸」公式ブログモニターぁ屬燗にしてみた」

            0
              中将タカノリです。



              清洲桜醸造さんの公式ブログモニターシリーズです。





               過去の記事はこちら→
               屬笋篶篌鬚如http://blog.chujyo-takanori.com/?eid=1627412

              ◆崋魎錣砲茲詭わいの違い」http://blog.chujyo-takanori.com/?eid=1627419

              「フローズンにしてみた」http://blog.chujyo-takanori.com/?eid=1627420



              今回はお燗につけてみましたよ。




              蛇足ですがつまみはハモ天とハモの卵の玉子とじ。



              冷たくして飲むのもいいですが、温めるとお米のやさしい甘さが少しだけ顔を出して後をひく美味しさ。



              味が丸く香りもくずれずによくたつので、長くゆっくりと楽しめるかなと思います。



              食中酒として揚げ物やこってりした味付けの料理にあわせるとなおいいです。



              “飲みやすい”から一歩すすめた飲み方。

              JUGEMテーマ:グルメ

              「濃姫の里 隠し吟醸」公式ブログモニター「フローズンにしてみた」

              0
                中将タカノリです。



                清洲桜醸造さんの公式ブログモニターシリーズです。






                過去の記事はこちら→
                 屬笋篶篌鬚如http://blog.chujyo-takanori.com/?eid=1627412

                ◆崋魎錣砲茲詭わいの違い」http://blog.chujyo‐takanori.com/?eid=1627419



                これまでは15度くらいのやや冷酒でいただいてましたが、今回はフローズンでいただくことにしました。
                 

                パックごと冷凍庫に放り込んで一晩〜二晩くらいが食べごろです。



                ガチガチには固まらないので、ハサミでパックを切ってグラスにそそぎました。



                一般的なフローズンより粒がこまかくて舌ざわりはほんとうになめらか。



                日本酒ならではのほんのりした米の甘みとあとくちの苦味が引き立って、独特の上品さです。



                このままでも飽きずにペロリできるんですが、ものは試しということでたまたま家にあったアカシヤの蜂蜜をひとすくい落してみました。



                くせがないおだやかな味の蜂蜜なので、いいコラボレーションになるかなと思ったのですが・・・


                たしかに美味しいは美味しいんだけど、冷たすぎて蜂蜜がかたまってしまいました。



                味もあんまりひらかないし。



                もっと安直にかき氷シロップでもかけたほうがよかったのかなと思います。



                ともあれこの方向性はお酒の味が苦手な人にも楽しめるいいアイデアではないかなと思います。



                体が冷えるし、後からズシンと酔いがきますけどね。



                これから親密になりたいカップルのデート用にいかがでしょうか。

                JUGEMテーマ:グルメ




                「濃姫の里 隠し吟醸」公式ブログモニター「酒器による味わいの違い」

                0
                  中将タカノリです。





                  ,呂海舛蘂http://blog.chujyo-takanori.com/?cid=1627412

                   

                  なかなか記事が書けていない清洲桜醸造「濃姫の里 隠し吟醸」公式ブログモニターですが、今回は酒器による味わいの違いについてです。




                  はじめに試したのはガラスのコップだったので、それを標準に考えます。



                  温度は,飽き続きやや冷えくらい。



                  今回試すのは錫(すず)のぐい飲み、パックからストロー、生木の桝の3種類。



                  まず錫。



                  錫は冷えた温度を安定させるばかりでなく、雑味を吸収して味をまろやかにする効果があるとのこと。



                  隠し吟醸に雑味があるとはおもわないけど、おとなしくてきれいな味のお酒なので、方向性としては良いコラボレーションなのかもしれない。



                  ガラスのコップで飲むよりもてほどよく冷えた温度が長く持続され、ちびちび飲んでもすっきりした味わいがキープできるの利点でした。



                  あまり量を飲まない人、隠し吟醸のスッキリした味わいを楽しみたい方には一番おススメできる酒器かなと思います。



                  次はパックからストロー




                  こりゃ激しい!



                  他の容器にうつして飲んだ時とはまったく違う印象で、酸味と軽い苦みがガツンとひろがります。



                  いったん味がひろがったあとはすっと穏やかに戻るんだけどね。



                  やはりまず舌のどの部位で味わうかで、味の印象はがらっと変わってくるんだなぁと実感。



                  参考までに舌の部位によって感じる味覚は違うという図↓




                  ヘビードランカーや、手早く酔ってしまいたい方にはおススメの飲み方です。



                  最後は桝



                  吉野杉の生木の桝です。



                  そそぐだけで杉の香りがしみついてプチ樽酒の完成です。



                  個人的にメジャーな樽酒は住吉(樽平酒造)、やたがらす(北岡本店)、長龍酒造あたりだと思っているのですが、これらはみな本醸造〜純米酒ランクのお酒を樽貯蔵したもので味も香りもけっこう重めのものが多いです。



                  今回の隠し吟醸みたいに高精白のあっさりしたお酒の樽酒(あくまでプチだけど)はあまり経験ありません。



                  一般的な派手な香りの吟醸酒だと香りが邪魔しあってイマイチかなぁと思うのですが、隠し吟醸はそこまで香りの立つタイプではないのでいけるんじゃないかなと。



                  ということで試してみたら実際けっこうイケました。



                  どっしりした味ではなく、ひかえめに樽酒気分を楽しみたい時にはいいんじゃないかなと。



                  はじめは純粋に隠し吟醸の味と軽い杉の香りがブレンドされた感じ。



                  温度はすぐに変わってしまうのですが、それによって香りがどんどんふくらみ、味も甘みと酸味がきわだってくるような気がしました。



                  ゆっくりとそれなりの量を飲むときは楽しい飲み方だと思います。




                  さきに書いた舌の部位と味覚の関係ですけど、酒器の素材や形状で確実に味わいは変わりました。



                  一般の飲食店ではなかなか酒器を指定して飲むことはできないですけど、家飲みするならぜひこだわりたいポイントですね。



                  うん、こんな感じで隠し吟醸の公式モニターがんばっていきます!



                  JUGEMテーマ:グルメ

                  忠岡みなとマーケットでした

                  0
                    中将タカノリです。



                    去る23日は地酒ブース@忠岡みなとマーケットでした。






                    ブースは全部で20くらいかな?



                    家族連れのお客さんが多くて、なんだかほがらかな風景。



                    直前にしか告知せずにしかも朝まで雨も降ってたのでどれだけ人が来てくれるか不安だったのですが、それでも来ていただいたみなさまに感謝。




                    左から鉄道バー「駅」のきんてつじろうさん、僕、以前に王子を介して知り合ったひろのりさん、ハイハイタウンによくいる納さん。



                    みんなと土手焼きをつまみに奈良の地酒をいろいろと。




                    左から

                    梅乃宿 生もと純米 無濾過生原酒、千代酒造 山田錦純米、梅乃宿 辛口純米、久保本家酒造 生もとのどぶ



                    秋っぽくこってりしたものから枯れた辛口まで。



                    寒くなってくるとよくある吟醸酒みたいな線が細くてフルーティーなものより、しっかりしたボディーのお酒が美味しいですね。



                    地元の方もたくさん興味もってもらえたみたいで、特に忠岡町の町長さんがみずからお酒買いに来てくれたのはびっくりでした。



                    はじめての試みでしたが、またたまにこんなことできればいいなぁと思います。

                    JUGEMテーマ:グルメ
                     

                    裏上本町レポート〜隠れた酒屋系立呑屋の天国〜

                    0
                       中将タカノリです。



                      僕の事務所があるのは大阪の上本町という街です。



                      近鉄百貨店都ホテル新歌舞伎座を含むYUFURAというショッピングビル、30年以上昔にドヤ街を整理してできたハイハイタウンという再開発ビルなどけっこうに大きな資本を投入してハコものを作ったにも関わらずパッとしないばかりか、胡散臭さばかりが鼻につくこの街。



                      ハイハイタウンを中心に、安くて美味しく情緒あふれる飲み屋が多いのは以前にもこのブログなどで触れている通りですが・・・



                      今回ご紹介するのは、この街にあって、さらに濃厚な飲み屋が点在しているゾーン「裏上本町」です。



                      ちなみにこのネーミングは僕の自作で、ほんとは石ヶ辻と呼ばれる界隈なことはどうでもいいです。



                      だって駅前から近鉄百貨店とYUFURAに挟まれた近代的な広場を抜けるとしょっぱなに見えるのがコレ。



                      「津の長商店」。



                      写るモデルケースはおなじみぶたおさん。



                      ここは裏上本町の入り口にふさわしい酒屋系立呑屋で、ひたすらサッポロの商品が並んでいる、オールドスタイルながらこだわりの店。



                      店内は程よくうらぶれた感じでぜひ写真を紹介したいのだが「携帯使用禁止」の貼り紙がところ狭しとオブジェしてあって撮影する勇気がなかった。



                      さておき、ぶたおさんと二人でサッポロ大瓶、北極星(ワイン)を一杯ずつ飲んで乾きものを付けてもお代はようやく千円ほど。



                      次に入ったのは100メートルも離れない場所にある、これまた酒屋系立呑屋の「ヤギ正(やぎしょう)」。




                      ここはイカした酒通の親父さんと息子さんが経営しているのだが、とにかく地酒、焼酎に強い!



                      大阪〜全国の酒蔵紹介、奈良の豊澤酒造とタッグを組んだヤギ正企画のラベル、酒どころか「甘強という高品質みりんなどネタも豊富で飲みくらべセットもあって僕もぶたおさんもついつい興奮。



                      いろいろつまみつつ二時間ほども長居してお店の方の話を聞きながら飲みまくってしまった。



                      が、お代は2人で2500円ほど。



                      なんて贅沢なエリアだ・・・



                      あともう一件行きたい酒屋系立呑屋があったんだけど、ゆっくり飲みすぎていたせいですでにクローズ。



                      また続報を期待ということでお願いしたいと思います。



                      今回のレポは立ち飲みメインになりましたが、他にもお洒落なバーとか宗教くさいバーとか居酒屋とかいろいろ。



                      みなさんもぜひうろうろしてみてください。




                      PS→
                      駅への帰り道見かけた風景だけど、新歌舞伎座で出待ちの人々。




                      あなたたち!



                      そんな暇があったら裏上本町に行け!表面だけで満足するな!



                      みたいなことを言いながら駅に向かっていたはずが、なぜだか鉄道バー「駅」に入ってしまった僕たちでした。






                      JUGEMテーマ:グルメ




                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
                        中将タカノリ
                      • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
                        まさえ
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        中将タカノリ
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        現桐蔭生
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        現桐蔭生
                      • 大倉弘也紹介キャンペーンin関西でした〜
                        うたまろnoばぁー
                      • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
                        中将タカノリ
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        中将タカノリ
                      • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
                        岸田慶子
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        天竺鼠

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM