「濃姫の里 隠し吟醸」公式ブログモニター「やや冷酒で」

0
     中将タカノリです。



    先日報告したとおり、鬼ころしで有名な清洲桜醸造さんの公式ブログモニターに選ばれました。





    ひたすらパックで飲める吟醸酒として画期的な「濃姫の里 隠し吟醸」の楽しみ方をレポートしていきたいと思います。



    パック酒とかに抵抗がある方も多いと思うんですが、お酒は嗜好品。



    せっかくメーカーが作ってくれてるんだから、TPOに応じて気軽に楽しめばいいと思います。



    よほど嫌なら瓶でも売ってるし勝手にしてよ、と。



    まぁまぁ、それはともかく温度や酒器、アレンジの仕方などいろいろ試しながらこのお酒のことを知っていきたいと思ってます。



    まずは正統派に飲んでみました。



    味わうことを優先して温度は15度くらい、やや冷えくらいの状態でいただきました。


    グラスにそそぐとあっさりとフルーティーな吟醸香。



    飲み口は、きめこまかい水のような印象です。



    味が細いからこそでしょうか。



    細いといっても辛口ではなく、ほんのりとぽってりした甘みが舌をつつみ、飲み込むと後口をひきしめるための最低限度の苦みが残ります。



    ボディーが非常に軽くて優しい味わいという印象。



    個性や主張を感じないのが最大の強みだなと思いました。



    アルコール度数が15度もあり、吟醸酒としての製造規定を守った上でここまで優しい味をつくるのは案外に難しいことではないだろうかと思う。



    灘や伏見にもない最大公約数を狙った吟醸酒を作ろうとしたのではないかな〜と。



    なぜかと言うと灘や伏見の大メーカーはさまざまな批判を受けながらも、吟醸酒などの高価なラインにおいてはそれなりに個性的な(万人が好むとは限らない)お酒を作っているから。



    清洲桜酒造においてももちろん「隠し吟醸」ではない高級吟醸酒を作っていて、そこでは味覚面で個性を発揮しているのだけど、この「隠し吟醸」は大衆のため、日本酒を知らない層にもすんなり受け入れてもらえる酒を目指しているのではないだろうかと推察するわけです。



    てな感じで



    これからも定期的にUPしていきますのでヨロシク


    JUGEMテーマ:グルメ


    日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花

    0
      中将タカノリです。



      夏もいよいよ大詰め。



      みなさんどんな夏を過ごされたでしょうか?



      僕はブログをサボリ気味だったので、暮らしぶりに関してはまた後からご報告させていただこうと思います。



      今回ご紹介させていただくのは加島屋の登録商標で日本盛株式会社が醸造している宮内庁御用達のお酒「惣花(そうはな)」





      以下は加島屋さんのホムペから引用。


      惣花

      当社の登録商標 惣花は江戸期 丹波杜氏流の酒造法を発明した灘酒の祖、岸田忠左衛門が極意の酒として完成した銘酒を加島屋が譲り受けました。

      惣花 発売元

      清酒の銘柄が数ある中で伝統と格調ある惣花は1850年頃、丹波杜氏「岸田忠左衛門」が考えた「ギリ酛」という酛を用いて西宮の水、摂播の米等、最高条件を揃え甘、辛、酸、渋、苦の五味が調和して芳醇な旨味のきいた酒で宮内庁御用酒です。
      醸造元は日本盛株式会社です。
      惣花の由来は「めでたいと今日も朝から大祝い千客万来の福招き商売繁盛」です。


      さらに日本盛の惣花用特設ホムペでは


      通常の純米吟醸酒が60%の精米歩合のところ、惣花は贅沢にも55%まで酒造好適米とされる、山田錦を削って造られています。さらに特別な惣花酵母を使用し、10度くらいの低温の環境で三段仕込をしています。


      と作り手にとっても思い入れのあるお酒のようです。


      上の文章にもありますがスペックは


      純米吟醸酒、精米歩合:55%、使用米:山田錦、アルコール度数:15〜16度、日本酒度:-4度、などなど。



      お値段は4合瓶で1500円ほどと案外に一般的です。


      渋ゆるいデザインは僕好み。


      飲んでみるとお味は非常に淡麗で香りも淡い。


      冷酒でためしたのだけど、初めはこれほど感想が出てこないお酒というのは珍しいと思った。


      口の中で時間をおくとすこしひねた酸味を感じるけども、後口は水のようになにも残らない。



      いや、おだやかなかすかなうま味があることはわかる。



      少なくとも初心者向けの水みたいなお酒ではない。



      一口ではわかりにくいけど、飲み進めれば進むほどに格調高い上品な世界観を感じるのだ。



      わかりやすい美味しさなんて初めから度外視しているのかもしれないなぁ。



      昔の灘ってこういうお酒を目指していたのかもなぁって想像したりな夏の暮れでした。


      JUGEMテーマ:グルメ

      清洲桜酒造「濃姫の里 隠し吟醸」の公式ブログモニターに選ばれました

      0
        中将タカノリです。



        お盆真っ盛りな今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょう。



        僕は混雑とか渋滞が苦手なので遠出の用事はせずに、関西で済ませられる手近なことをちょこちょこ楽しんだりこなしたりしている感じです。



        そんなわけで、どんなわけだかわかりませんがおとつい、愛知県の清洲桜酒造さんから



        「濃姫の里 隠し吟醸」



        の公式ブログモニターに選ばれてパック酒1ケースが送られてきました。






        このお酒のことは以前にもこの「日本酒をのもう」コーナーで扱ったことがあったんですが、その時はまさかモニターに選んでもらえるとは思ってなかったので人生なにがあるかわからないもんです。


        http://blog.chujyo-takanori.com/?eid=1627401


        清洲桜酒造といえばスーパーやコンビニでよく見る鬼ころしで有名ですね。




        この鬼ころしも廉価のパック酒の中では良心的な商品だと思いますが、今回の隠し吟醸はそれを上回る素敵なお酒だと思っています。




        味とか飲み方に関するレビューはまた回を改めますが、なにしろ30パックもいただいてるのでいろんな楽しみ方ができそうです。



        続報楽しみにしていてくださいね。




        JUGEMテーマ:グルメ
         

        今西清兵衛商店 春鹿 山廃純米 超辛口 生原酒 青乃鬼斬(あおのおにきり)

        0

          中将タカノリです。


          すっかり夏ですね〜、外に出れば暑い、中にいれば寒いってすごく不健康!


          なんだか体調も思わしくない気がする今日この頃ですが、夏と言えばやっぱり冷酒。


          よくある夏用の冷酒ってすっきりするけどなんだか水っぽすぎて味わいが足りない気がするのも確かです。


          夏にがっつりした冷酒を飲みたいって方にはうってつけの紹介になると思います。


          今回はこちら。


          今西清兵衛商店 春鹿 山廃純米 超辛口 生原酒 青乃鬼斬(あおのおにきり)


          7月、事務所すぐ近くの上本町近鉄百貨店に今西清兵衛商店の今西さんがお酒を売りに来ておられるという情報をキャッチしたので何本か買いに行った時のものです。


          超辛口で有名な春鹿ですが、こちらはそれを山廃仕込みでつくったものの生原酒。


          スペックは


          原料米 山田錦/強力、精米歩合58% 、アルコール度数18.0〜18.9度
          酒度+13、酸度1.7、 酵母 協会901酵母

          お米の「強力」ってのは鳥取県原産の酒造用米で、栽培の難しさから一時は幻の米になってたのがここ20年くらいで復活したもの。


          非常に硬くて精米に時間もかかるし量産酒にはあまり向かないんだけど特有の酸味があって熟成にも向いているとのこと。


          この青乃鬼斬も冷蔵熟成とかしたらいいのかな。


          前置きが長くなりましたが、杯にそそぐと梨の香りのようなさわやかですーっとした香り。


          口に含むとぐわっとアタックのある味がひろがる。



          濃厚な酸味だけど、山廃独特の乳酸っぽい味のボディーがしっかりしているのでバランスは良い。


          後口はほんの軽く苦み走る。


          すっきりしたお酒や華やかな吟醸酒の多い春鹿としては特異なポジションのように思えます。


          これを火入れした超辛口 鬼斬は以前に飲んだことがあったけど、そちらは味のゴツゴツした感じと火入れ感が気になったので好みはともかく気になる方は青乃鬼斬から飲むほうがおススメです。



          JUGEMテーマ:グルメ
           

          菊司醸造 三種飲み比べ

          0
            中将タカノリです。



            すこしブログをサボってしまってました。



            今月はいろいろお知らせできることもあるので頑張らないと。



            ともあれ今回は「日本酒を飲もう」コーナーです。



            往馬(いこま)ブランドで人気の高い菊司醸造のショップにひさびさにお邪魔してきました。





            奈良県生駒市の小瀬。



            往馬は特約酒販店のみでの販売なので、こちらで買えるのは「菊司」「酒屋藤兵衛」などの別ブランドです。



            往馬はそりゃ美味しいけど、他のも実に味わい深いお酒。



            全国的には逆に飲む機会少ないだろうから、ぜひお試しして欲しいもんです。





            今回僕が買ってきたのは下の三つ。




            一つづつ感想を書いていきます。



            菊司しぼりたて
            アルコール度数は19度〜20度。



            生原酒です。
            辛口系が多い菊司らしく、この濁り酒も香りはフルーティーで豊かなものの口に含んだら硬派な苦みばしった辛口で、微炭酸が残っていることもあり後口すっきり。



            何度も盃を重ねられるけど、度数は高いので後が怖いタイプです。




            菊司吟醸生貯蔵酒
            アルコール度数は15度〜16度。



            いわゆる吟醸系の味わいじゃなくて純米酒系のしっかりした味わいをアルコール添加と高精米ですっきりまとめた印象。
            矛盾した表現かもしれないけど。



            よくできたアルコール添加の見本のように思えます。



            辛口だけど舌先にはぽってりしたお米のうま味が感じられるし。




            菊司純米吟醸
            アルコール度数は15度〜16度で山田錦使用。



            ひたすら辛口で苦みばしってるんだけど、飲み込んだあとに広がるうまみが純米吟醸たるところだと分析。
            つくづく男らしい。



            これを飲んではじめて気がついたけど、この味の根底にはこの蔵が自慢とする井戸水の性質が大きく関与しているのかなと。
            非常にミネラルな味なんです。
            辛口の白ワイン的な。



            日本酒の個性ってのはお米や技術はもちろんだけど、やっぱり水はすごい重要なんではないかなぁと。
            勝手に分析しました。



            ショップでは井戸のお水もいただくことができるので、行かれた方はぜひお店の人に声をかけてください。



            菊司醸造
            奈良県生駒市小瀬町555
            近鉄生駒線南生駒駅すぐ

            清州桜醸造 濃姫の里 隠し吟醸

            0
              コンビニでもっともよく見かけるパック酒「鬼ころし」で有名な清州桜醸造がお届けする廉価版の吟醸酒。





              4合瓶で800円ほど。



              スペックはアルコール度数15度



              原材料は米、米こうじ、醸造アルコール
              国産の酒造好適米使用


              精米歩合60%



              大きな日本酒メーカーのほとんどが灘や伏見に集中する中、こちらは愛知県に本社がある、出荷量が全国11位の大メーカー。



              安酒のイメージが強いので敬遠する方も多いかとは思いますが、個人的には



              「安いわりにはまだ良心的なものを作ってるな」



              という印象。



              もちろん高級な価格帯のものも作ってるので、主力商品のイメージだけで全体をとらえちゃいけないってことかと。



              前置きが長くなったけど非常にわかりやすい吟醸酒で、かつ味わいがとっても軽い。



              たしかに美味しい。



              ってかまずさがない。



              口に含むと香りはフルーティーだけど、しつこくなく、味本体 味には甘味はほとんどない。



              味の主体はキレのいい苦味。



              悪く言えばボディーがない。



              良く言えばあっさりしたドライタイプ。



              お酒に弱い人でも口にふくめるくらいアルコール感が無いです。



              味わいの個性を求める日本酒通には魅力がないかもしれないけど、個人的には悪くないと想うんです。



              しょうみ、世の中には「酒の味わいを愛する人」より清涼飲料水やチューハイ感覚で気軽に酔えてハイになれることを望む人のほうが圧倒的に多いんだから。



              そういう人に



              「あんがい日本酒っていけるやん」



              っていう入口を作ってくれるのがこういうお酒なんじゃないかなと。

              鶴正酒造株式会社 古都の雫 純米大吟醸

              0
                中将タカノリです。



                今回、紹介させていただくのは灘と並び賞される酒どころ、伏見のお酒。



                鶴正酒造株式会社の古都の雫、純米大吟醸。





                大メーカーというほどではないが大きな規模の酒蔵のようだ。



                量販店にて四合瓶を千円少々で購入。



                純米大吟醸ランクでは法外な安さだ。



                スペックは
                アルコール度数→14.8度
                原料米→国産米(五百万石、吟おうみ)
                精米歩合→49%
                日本酒度→+4
                酸度→1.2
                アミノ酸度→1




                30%や40%のものが多い大吟醸クラスとしてはやや精米歩合高め。



                飲み口や味は薄く、ほのかに甘く苦みは舌をおおうくらい強め。



                飲み口が薄いとは言っても水っぽくはない。



                精米歩合をやや高めに抑えている成果なのか。



                青リンゴ系の吟醸酒スタンダードな香りがする。



                難とは言わないけど、飲んだあと、ほんの少しだけべったりした甘さが残るのがアレかな。



                とはいえ



                正直、感動するような洗練や一気に飲み干してしまえるような魅力はないのですが、たしかに美味しい。



                大きな規模の酒蔵の大吟としてもかなりいい線いってると思います



                普段飲み用の大吟醸と言ったところか。



                普段飲み用に出荷されるお酒ってすごいと思う。



                特に吟醸系。



                繊細で光にあてたり常温でほっとくだけでも痛んでしまう吟醸酒を、環境のよくない量販店やスーパーに出荷して、なおかつ美味しいと思えるように作るんだもの。



                そりゃあ、冷蔵庫が完備された酒屋さんばかりに出荷できれば言うことないけど、コストや流通の事情でそんなことが100%できるはずがないしね。



                JUGEMテーマ:グルメ



                梅乃宿酒造 本醸造

                0
                  中将タカノリです。



                  今回ご紹介するのは奈良の酒蔵でもには全国的に有名(地酒マニアには)な梅乃宿酒造さんの本醸造酒。






                  1升1600円くらいで買えてしまうとってもリーズナブルなお酒です。



                  スペックは



                  原料米:麹/山田錦、掛/日本晴
                  精米歩合:60%
                  アルコール度数:15〜16度
                  酒度:+2
                  酸度:1.4
                  アミノ酸度:1.3



                  とのこと。



                  注目すべきは精米歩合60%。



                  本醸造酒ってほとんどが精米歩合70%なんですが、梅乃宿さんは経営が順調なので利益を品質に還元した結果の産物とのこと。



                  ほほぅ、と思いながら飲んでみましたが、10%の違いがここまで味に影響するとは思ってもみませんでした。



                  精米歩合を気にしながら飲むのって大吟醸酒を飲むときくらいで、しかもだいたいが飲み比べてみたところで



                  「5%や10%の違いって果たして・・・」



                  って首をひねるほどのものだったりすることも多かったので。



                  まず一般的な本醸造にくらべ非常に軽い喉ごし。



                  が、味は酸味がのっていてうっすらとした甘みと苦味もほどほどにあり、けっして軽くない。



                  本醸造酒って個人的には3パターンあって



                  ・味が酸味強く喉ごしも重く、田舎っぽい(悪い意味ではない)



                  大メーカーの上撰にありがちな庶民的で中庸な味わいの中にほんの一つまみの個性を見いだせるもの(これも悪い意味ではない)



                  ・味が軽く水っぽい(これはイマイチ)



                  のどれかに当てはまると思ってたんだけど、これはどこにも当てはまらない。



                  本醸造ランクではなかなか体感できない「上品さ」を感じる。



                  これもやはり60%という精米歩合のなせる技なのでしょうか。

                  JUGEMテーマ:グルメ

                  千代酒造の櫛羅純米

                  0



                    今回ご紹介するのは



                    千代酒造の櫛羅純米
                    無濾過生原酒





                    スペックは
                    山田錦100%使用
                    精米歩合60%
                    アルコール度数は17度〜18度。



                    炭酸の残り具合は舌が心地よくチリチリするくらい。



                    飲み口は辛口で、生酒ならではのみずみずしさも相まってすっきりした印象。



                    余計な香りは感じない。



                    口の中ほどまで含むと原酒独特のアルコール度数の高さからくる甘みはあるものの、後口ははっきりした枯れた感じの苦みが残るのでまったくくどくならない。



                    純米ランクの生原酒としてはかなり軽い味わいじゃないかな〜と。



                    これくらいの軽さなら繊細なお料理とあわせても両方引き立つと思います。



                    個人的にはね、和食とかの食中酒には軽い味のお酒のほうが好きなのでそういう見解になりますが。


                    しかしお酒単体としても、食中酒としても楽しめるって日本酒は奥深いねぇ。



                    JUGEMテーマ:グルメ

                    梅乃宿酒造 特別純米 無濾過生原酒 生もと 限定酒

                    0
                      中将タカノリです。


                      今回ご紹介するのは梅乃宿 特別純米 無濾過生原酒 生もと 限定酒




                      ほどよく個性的なお酒を生む奈良の名門的な酒蔵さんですが、このお酒に関しては


                      スペックは


                      アルコール度数は17度〜18度。
                      精米歩合60%。
                      南部杜氏 北場広治



                      口に含むと


                      きめ細かい、ごくかすかな炭酸が舌先から舌の中央にゆっくり広がります。



                      舌の奥でフレッシュな甘みと、ビールより遥かに軽い苦味を感じるけど、全体的には穏やかな丸い味わい。



                      ふだん辛口志向の人が「ちょっとフレッシュな日本酒を飲みたいな〜でも吟醸酒は鼻につくな〜」と思った時にいい感じかなと。



                      特別純米ランクの味わいの軽さと生もとの硬派な辛口さが程よく相まっていて、よく出来たお酒だと思います。


                      一日おいて飲んだらフレッシュな味の広がりが少し膨らんでました。

                      JUGEMテーマ:グルメ
                       


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
                        中将タカノリ
                      • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
                        まさえ
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        中将タカノリ
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        現桐蔭生
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        現桐蔭生
                      • 大倉弘也紹介キャンペーンin関西でした〜
                        うたまろnoばぁー
                      • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
                        中将タカノリ
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        中将タカノリ
                      • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
                        岸田慶子
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        天竺鼠

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM