マツムラ酒販 勝沼生まれの酸化防止剤無添加生ワイン

0
    中将タカノリです。



    普段は日本酒だけを扱ってる「日本酒を飲もう」コーナーですが、今回は国産ワイン。



    しかも普段なかなかお目にかかれない加熱処理をしていない生ワイン。



    国産なので広〜い意味では日本酒じゃないかという理屈で紹介させていただきます。





    山梨県はマツムラ酒販の勝沼生まれの酸化防止剤無添加生ワイン。



    クール便で赤・白を一本づつ購入しました。



    日本酒の生酒は好んでよく飲むけど、ワインの生酒はいかに?



    スペックは赤が


    容量:500ml
    品種:輸入・国産コンコード種
    度数:12.5%
    タイプ:やや辛口


    白が


    容量:500ml
    品種:山梨県産甲州100%
    度数:12.5%
    タイプ:やや辛口

     
    とのこと。



    まずは赤



    グラスを近づけるだけで生搾りジュースみたいなフレッシュな香りがあふれ出しています。



    ぶどうのフレッシュさを凝縮したような鮮烈さですよ。



    有名ぶどうジュース「ウェルチ」を連想する人が多いかも。



    悪い意味でジュースみたいな未熟成で薄いワインは数多いけど、これは良い意味でフレッシュの極地。



    口に含むと味自体に甘みや渋みはほとんどなく、後口にさわやかな酸味が残ります。



    この度数としてはたいへん軽い味なのでお酒が苦手な人でも飲めそうなくらいです。



    でもしっかり酔いますよ。



    反面、プレミアムなワインの持ついろんな味覚が混合したような奥深さは皆無なので、そういうのが好きな人にとっては評価の対象ではないのかも。



    ワインの味の奥深さは熟成ありきなのかと。



    でも個人的にはこれはこれで軽い気分で楽しむデイリーワインとしてはかなりいいんじゃないかな〜と思います。





    白ワインは普段好んでは飲まないからコメントは控えめにしておくけど、これは苦手なすえたような酸っぱさがないので好感触でした。



    発酵によるかすかな炭酸も残っていて、より味の軽さを助けていたかなと。





    まぁまぁそんな感じです。



    みなさんもぜひ一度ためしてみてください。

    千代酒造 篠峯 雄町純米大吟醸中取り生酒

    0
      中将タカノリです。



      大晦日の夕暮れ、みなさんいかがお過ごしでしょうか。



      今年最後に紹介させていただくのは千代酒造、篠峯 雄町純米大吟醸の中取り生酒。





      大晦日、お正月を楽しく過ごそうと奈良、法隆寺や唐招提寺で有名な西ノ京の酒屋きとらのご店主にセレクトしていただいた一品。



      こちらでは奈良の美味しい地酒が最高のコンディションでそろっていて通販機能も充実。



      このブログで扱っている奈良の地酒も7割〜8割はこちらでお求めいただけます。



      実店舗では気になるお酒は試飲もできるしご店主も親切なナイスガイなので、みなさんも観光がてら西ノ京へいらっしゃる際はぜひ。



      まぁ、それはともあれこのお酒のスペックは



      精米歩合50%



      アルコール度数は16度〜17度



      全量雄町で作られたお酒です。



      口にすると円熟した軽くて上品な米の味がふくらみ、




      同時に飲み口の輪郭をなぞる繊細な微炭酸。



      後口の酸味はとっても軽くて丸くてフレッシュ。



      これがアルコール飲料であることを忘れてしまうくらいの軽さなんだけど、よくある水っぽい酒とは次元が三つくらい違って、名水っぽい酒とでも言えばいいんだろうか。



      個人的には最近飲む生酒はみんな原酒(加水してない17度〜20度くらいのお酒)ばかりだったのでなんとなく内臓が重かったんだけど、こんなに絶妙な加水をしてくれている生酒を飲むとこれはまた!



      でもしっかり酔いますよ。



      あと気がついたことだけど良いと思う酒は軽かれ重かれ後口に苦味が残る。



      今回のもごくごく軽い部類だけど飲み終わったあとに苦味が残っていた。



      くどい苦味は駄目だけど、心地よい苦味は最高。



      年の暮れに美味しいものをいただけて幸せでした。



      ではでは、みなさんも良いお年を!



      北鹿酒造 大吟醸北秋田

      0
        中将タカノリです。



         めっきり寒くなってきましたね〜



         暑い間もお酒が美味しいけど、冷え込んできからのお酒もいいもんですね。



        飲みすぎて薄着のまま、布団をまくったまま爆睡→風邪なんてことがないよう用心されてください。



         さて、今回ご紹介するのは秋田県は北鹿酒造の大吟醸北秋田。

        山田錦、精米歩合50%、アルコール度数15.6度



         四合瓶で千円くらいという安さ。



         封をあけて感じたのはほんのりとしたマスカット的な香り。



         飲むと舌先との舌奥の部分で果物のようなフレッシュでさわやかな甘みとかすかな苦味を感じることができる。



         ボディは軽く米の味や香りは無い。



        シンプルな味わいなので奥深さは感じないけどスッキリしていて飲み続けやすいです。



         これ以上精白した大吟醸や純米吟醸には無い、飲み口と香りのコラボレーション。



         純米のままではここまで繊細な線の細さを出すのは困難かも…と思うのでこれはアルコール添加していて、かつ50%くらいの精米歩合のいわゆる中級吟醸酒ならではの味、といえばいいのかなぁ。



        有名でもっと高価な吟醸酒でも実際は質が悪く、人工的な香りが強すぎて一杯のめばもうたくさんなものもあるので、そういったものと比べるとこの「大吟醸北秋田」はかなりのコストパフォーマンスだなと思います。



         こちらのメーカーでは大吟醸ランクでもこれ以外に四合で三千円前後の「夢の幻」、五千円前後の「鹿鳴の宴」も製造されています。



        千円でこれだけ美味しいんだから三千円、五千円ならどんだけ美味しくなるのかな〜と思わされますよね。 一度飲みくらべてみたいもんです。

        福寿 特別本醸造 凍結酒

        0
          中将タカノリです。 



          今回紹介するのは神戸酒心館の福寿 本醸造 生原酒の凍結酒。



          灘の歴史ある酒蔵さんですね。





          デパートの日本酒コーナーの片隅にアイスクリーム用のワゴンが置いてあったので

          「なんだろな~」

          とのぞきこんだらこれがあったわけです。



          度数は17〜18度。



          買った時はカチンカチンに凍結していました。



          コピーによると

          凍結酒はしぼりたての生酒を瞬間凍結させ超低温で保存しました。
          酒蔵でしか味わえなかったフレッシュなしぼりたての味わいをお楽しみ下さい」

          という目的のよう。



          こうゆうコンセプトの日本酒を飲むのは初めてです。



          帰って冷凍庫に入れて3時間くらいして飲もうとしたらすっかり溶けてましたがまだまだ冷たい。



          超冷酒って感じかな。



          口に含むと確かにフレッシュな果物香がほわっとひろがる。



          ややとろっとした舌触りで、あと味は少し甘苦い。



          フローズンカクテル的な飲みやすさです。



          甘く感じるのは原酒で度数が高いゆえかな。



          味のふくらみというか密度に関しては冷たすぎてわかりませんでした。
          ってゆうかめちゃくちゃ酔います。



          普段は四合(720ml)くらいなら平気で飲めるんですが、これは300mlでフラフラになりました。



          冷酒はあとから酔いやすいとは言うけど、冷たけりゃ冷たいほどその効果も高まるんでしょうか。



          誰かを酔わせたい時にはいいお酒なのかも知れません。



          他のメーカーでも酒蔵から凍らせて出荷してるようなところってあるんでしょうか


          千代酒造  櫛羅 純米吟醸 生原酒 2003

          0
             中将タカノリです。



            今回は奈良県の酒蔵でも人気の千代酒造からこの一本。



            櫛羅(くじら) 純米吟醸 生原酒 2003





            米は山田錦を50%精米していて、アルコール度数は17度〜18度。



            醸造から八年間、冷蔵して熟成させたものです。



            古酒みたいなひねた味になってるかと思ってたらまったく違いました。



            冷蔵熟成と常温熟成はかなり違うのね。



            熟成させていない普通のものは上品で穏やかな香りの、味わうタイプの吟醸酒なんですが、熟成することによってその良い点がさらに引き出されていました。



            簡単な言葉では表現しきれないけど



            香りはおだやか、味は熟成の結果か、余計な主張はまったくなく非常に安定していて一気に飲み込んだら逆に味気ない。



            ゆっくり口にふくむと次第に湧き出してくるかのような上品な酸味とうまみがある。



            あとくちにはほどよい苦味が長く残る。



            世間の認識にくらべて正しいのかどうかわからないけど、苦味が全体の味の骨格を支えているなと感じました。



            僕としては好みど真ん中の讃辞なのです。



            飲み終えたあともしつこさはまったくありません。



            一口飲んでは間を開けて、少しずつ楽しみたいお酒です。


            岡山紀行〜藤ひろは素晴らしかった〜

            0
              中将タカノリです。



              何年かぶりに岡山に行ってきました。



              ご先祖の墓所があるので何度となく行った街なのですが、ここんとこはほんとご無沙汰。



              観光好きでもないので、食べるものだけはハズレ無しでいきたいなぁと思い、事前に情報を聞き回ってみました。



              岡山に着いたのがちょうどお昼だったので、まずは昼食。



              LOVE DICE56の加藤さんオススメの「ボクデン」岡山総本店。





              ランチメニューのみだったのですが、サラダや各種キムチはバイキング形式で選ぶことができ、ドリンクも6種類くらいあるというお得感。



              なによりメインのソーロンタンは牛骨のうまみの出方がとても上品で、あっさりした逸品でした。





              港町YOKOが注文したチゲも少しいただいたんですが、唐辛子の辛みはほどよく塩分は最低限で、じじみの味がほんわりと感じられ、とても洗練されていました。





              庶民的な感じの料理なのにね。



              そんなに詳しくないけど、これまで行った韓国料理屋にはないベクトルのお洒落な美味しさを堪能できました。



              お店の内装も都会的なカフェバー風で、女性の常連さんが多いようでした。





              んで次は晩ご飯。



              ぶたおさんに聞いていた大衆居酒屋「いっぱい」も魅力的だったんだけど、宿から少し距離があったので「藤ひろという割烹へ。



              岡山の魚や野菜を活かした料理と地酒がウリで、ご主人の腕も冴え渡っている名店でした。



              美意識、っていうのかな。



              カウンターの向こうに見えるご主人の無駄のない動きや店内の空気がとてもさわやかで、飲み食いに集中できる感じなのです。



              吉井川の天然の鮎、瀬戸内の鱧、ご主人手製のチーズ…全部すばらしい味でした。



              そして僕としてなにより嬉しいのが、岡山の地酒が6つの蔵のものから40種類も選べるということ。





              室町酒造菊池酒造平喜酒造白菊酒造三光正宗辻本店と、岡山県を構成する備前、備中、美作の3地方からのよりすぐり。




              6合くらい飲んでしまいました。






              んでんでその後は大人のナイトスポットKENTO’S岡山へ。






              ツイストアゲインとかルート66とか多彩なオールディーズナンバーが楽しみながらお酒が飲めるってのは贅沢。




              ハウスバンドのメンバーさん達ともちょこっと話をしたり、踊ったり、岡山の夜を満喫した気分になれました。








              やっぱり旅先では観光地だけじゃなくて生きてる街の様子を楽しみたいもんだと。



              食に重きを置いた内容になったけど、お昼にはいろいろ散策してました。



              街を知ろうと思ったらとても1日じゃたりないね。



              また何度もお邪魔したい街です岡山。

              世界一統 上撰

              0

                中将タカノリです。



                まだ書いないけどこの前、田中友直さんと港町YOKOとで和歌山に遊びにいってきました。



                目の前が海!って感じの宿についてから買出しに行ったんですが



                目についた酒屋さんにおもむろに入っておばあちゃんに



                「このあたりの地酒なんかないですか〜?」



                って聞くと出てきたのがこれ。






                早稲田大学の創始者にして明治の大政治家、大隈重信が愛飲した世界一統上撰。



                「1980円やけど1800円でええわ!」



                と理由もよくわからないけどサービス価格。



                やはり顔でしょうか。



                と思ってたら後に希望小売価格は1798円だったと判明…とほほです。



                他にもいろいろ買ったので飲んだのは自宅に帰ってから。



                専用の冷蔵庫でよく冷やして冷酒でいただきました。



                サイトによると



                「幅広い食材に対してでしゃばらず、料理をおいしくいただいてもらう為の脇役であり続けたい」とお答えしております。「世界一統上撰」は日本酒度+1.0、アルコール度15.7、酸度1.3、アミノ酸度1.3と酒の成分もごく中庸の酒に仕上げています。



                とのことですが、個人的な感想は…普通酒としては濃淳!



                口に含むとモワッてくらいにひろがる酸味、苦味、そしてかすかな甘味。



                味自体はすっきりやや甘口で飲み飽きしません。



                普通酒ですがカカオ香はあまりない系。



                濃い口の家庭料理とかにはうってつけだと思います。



                和歌山の料理は比較的に味が濃い目だと聞いたことがあるので、そういった県民感覚にマッチさせてるのかもと思いました。



                日本酒ほど細かい地域色が楽しめるお酒は珍しいのかも。


                呉春酒造 呉春 池田酒

                0

                   中将タカノリです。



                  本日2回目のUPになります。



                  今回紹介するのはこちら。





                  全国的にも有名、大阪は池田市の銘酒「呉春」の池田酒です。



                  江戸時代中期から続く歴史の深い酒蔵で、谷崎潤一郎が愛飲したりとエピソードにもことかかないブランド力。



                  作ってるお酒は基本的に特吟(大吟醸)、本丸(本醸造)、池田酒(普通酒)の3種類、一升瓶サイズのみ。



                  醸造料が多いわけではないので末端では3000円以上のプレミア価格がつくことも多いですが、あくまで定価は普通酒で1800円くらいのお値打ち価格。



                  ちなみに普通酒とはWIKIPEDIAによると



                  白米米麹(こめこうじ)以外にも、醸造アルコール、糖類、酸味料、うま味調味料酒粕(さけかす)などの副原料を加えて作ることが、副原料の重量が米・米麹の重量を超えない範囲という条件つきで認められている。

                  三倍増醸清酒、またはそれをブレンドした酒も普通酒に含まれる。」


                  となっていてたいていの酒蔵ではあまり品質のよくないランクであることが多く、決して良いイメージの言葉でない場合もあるんですが、この呉春の普通酒はモノが違うのです。



                  酒造好適米の五百万石を69%まで精米し、原材料は米、米麹、醸造アルコールのみ。



                  普通酒系統では最上の部類。



                  飲んでみると普通酒を口に含んだとき特有のカカオ香も非常に軽く、甘くも辛くもないみずみずしい味が通り抜けたあとはさわやかな苦味が舌の奥に残ります。



                  なにか突出した味覚が魅力になっているのではなく、これ以上ない ほどのよさ が魅力。



                  お酒の甘さ、辛さの基準になる「日本酒度」が±0度ということに納得するバランスのいい味(だいたいのお酒が±10の範囲)です。



                  いくらでも飲み続けられるお酒ってこんなのだと思います。



                  こうゆう普通酒を飲むと単純なアルコール添加否定の意見が馬鹿らしく思えてきますよね〜。



                  純米酒は純米酒でいいけど、アル添しなけりゃ出ない味っていうのも確かにあるんですからね。



                  全量純米も酒蔵として素晴らしいアピールではあるけれど、こうゆうハイクオリティーな普通酒を作る酒蔵さんももっと増えてほしいもんです。


                  大倉本家 金鼓 吟醸酒 天の二上

                  0
                    こんばんわ、中将タカノリです。 



                    梅雨ですが雨はふったりふらなかったり。



                    梅雨ってこんなもんでしたかね?



                    僕が子供の頃はもっと容赦なく毎日のように雨がふってたような気がするんですが。



                    まぁそれはともかく「日本酒をのもう」のコーナーです。



                    ※前フリは酒の銘柄とかけた駄洒落ではありません。念のため。



                    今回はこれまでにも何回か紹介している奈良県香芝の大倉本家さんから



                    「金鼓 吟醸酒 天の二上」
                    (きんこ ぎんじょしゅ あめのふたかみ)





                    アルコール度数は16.8度。



                    ともに高級酒米である兵庫県産山田錦、岡山県産雄町を60%まで精米して使用しています。



                    大倉本家さんは濃淳なお酒が多いイメージを持っていましたが、こちらは辛口系統。



                    しかし味わいは複雑なのです。



                    青リンゴのような香りとおだやかな甘み、鮮烈な苦みが渾然一体となって入ってくる感じ。



                    舌の部分によって感じる印象が違う。



                    舌先は甘み、まん中で旨み、奥で苦み。



                    とにかく一口の広がりがある。



                    広がりがあるけども苦みのおかげで飲んだあともさわやか。



                    このさわやかさは吟醸酒ならではかな。



                    良くできたビターチョコレートのような印象でした。



                    やや冷やした状態がオススメです。

                    五條酒造 五神 特別純米酒

                    0
                      こんばんわ、中将タカノリです。




                      今日、なぜか駅のホームで老人に





                      「ハロー!ミスター!お前日本人ちゃうやろ」




                      と暴言を吐かれました。




                      さすが春やなぁ…と思ってましたが明日はもう6月、初夏なんですねぇ。




                      今月後半、ブログを放置してしまいましたが久しぶりに「日本酒をのもう」コーナーいってみたいと思います。





                      今回お届けするのはこちら。





                      奈良県は五條市、五條酒造の五神、特別純米酒です。




                      もともとは地元での消費が主だったようですが、最近はいろんな百貨店で試飲コーナー作ったり積極的に宣伝されてましたね。




                      大阪でもよく見る銘柄になってきました。




                      このお酒はそこの特別純米酒。




                      化学肥料を使わないよう契約栽培したキヌヒカリを60%まで精米。




                      けっして派手な香りや味の広がりはないものの、魅力に感じるのは飲んだあとに舌の上に残るかすかな苦み。




                      この苦みを魅力あるものに引き立てるために、他の味の要素がとても綺麗にまとまっているのだと思います。




                      奈良のお酒の中ではむしろ珍しい感じかな。




                      飲み飽きしない点で高ランクでした。




                      ではでは僕が勝手にキャッチコピーを。




                      「ちょっと贅沢なふるさとの味」









                      JUGEMテーマ:
                      グルメ


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
                        中将タカノリ
                      • ニューシングル『リメンバー』予約受付スタート!プレゼントキャンペーン!
                        まさえ
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        中将タカノリ
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        現桐蔭生
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        現桐蔭生
                      • 大倉弘也紹介キャンペーンin関西でした〜
                        うたまろnoばぁー
                      • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
                        中将タカノリ
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        中将タカノリ
                      • 日本盛株式会社 “宮内庁御用酒” 純米吟醸酒 惣花
                        岸田慶子
                      • 我が母校「大阪桐蔭」と元校長・森山信一さんについて
                        天竺鼠

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM